公務員の仕事に関する話題を独自の視点から解説!!~経験を武器に生の情報を提供します~

地方公務員、国家公務員の両方の経験を基に、公務員の仕事内容、仕事術、仕事環境、働く人の人間性など多岐にわたる話題を独自の視点で書き連ねます。公務員受験生にとっても、勉強の合間にも気軽に読めるお役立ちブログです。

国家公務員ってどんな仕事?

「国家公務員」と「地方公務員」というのは、よく聞くキーワードですが、実際の仕事内容の違いなどを完全に理解している人は、そう多くは居ないのではないでしょうか。

 

私自身は公務員試験を受験しましたが、国家二種(現在は国家一般職)、裁判所事務官、国税専門官、市役所、東京都庁とすべてに最終合格しましたが、実際に職場に配属されて、仕事をはじめるまでは、イメージが詳しく、具体的に想像できていたわけではありませんでした。インターン、OB訪問、予備校での先輩職員からの座談会などにも参加していましたが、当たり障りのない話が多い上に、実際入ってからは、美化されているなーと感じた話も多かったように思います。

 

私自身は幸いにも、転職、派遣、出向などを通して、様々な機関で働く機会がありましたので、それぞれの体験に基づいた、話をしたいと思います。

 

まずは「国家公務員」のお話をさせていだきたいと思います。

 

簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。最近話題の森友学園加計学園の問題に関して、よく国会で国会議員に追及されている職員、いわゆる「官僚」と呼ばれている人が代表例として挙げられます。いわゆる官僚は、国会議員をはじめとして、各省庁(本省)の職員ということです。官僚は国家一種試験(現在は国家総合職)に通過することが必要になります。

ただ、国家公務員は官僚だけに限定されるものではなく、私が受けた国家二種も国家公務員と呼ばれ、地方の出先機関で働きます。

 

だいたい地方の出先機関は北海道、東北、関東、甲信越、中部、関西、中国、四国、九州で分けられ、それぞれの管内で現場に密接した仕事をします。

 

仕事の規模感で言えば、国家総合職と一般職では大きく異なる印象です。

 

国家総合職は若い内から各都道府県庁で、副市長などの要職や、本省での企画部門での仕事、海外勤務など、様々な職場を経験します。

 

それに比べ、一般職は事業の執行が主な仕事で、要職を歴任し、スピード出世が約束されているという訳ではありません。

 

しかし、私が居た省庁もそうでしたが、最近は幹部登用制度が充実してきており、国家一般職での採用でも、途中で昇任試験を受ければ、総合職とほぼ同じルートたどるキャリアを歩むことも可能です。

 

そういった意味では、垣根がなくなってきている今、国家一般職は狙い目かもしれません。

 

私は国家総合職の方とも、国家一般職の方とも両方とも仕事をともにしたことがあります。

国家総合職の方は、出向時代の上司(課長級)や、国プロジェクトへの参加時に、同じチーム内で仕事をさせていただきました。

その時の本当に率直な感想述べさせていただきますと、

「イケイケどんどんな兄ちゃん」

「この人本当に公務員か?」

「チャラい」

「ただ、しゃべらせると知識量、情報量ともに他の追随を許さないほど豊富」

「ビジョンがある」

「常の先々を考えている」

などなど。。。

この時は経済産業省所属の方々だったのですが、雰囲気は総合商社にいそうな感じの人柄で、見た目もラフな感じで、金属のネックレスをして、とても公務員とは、ましてや将来の日本を背負う官僚には見えませんでした。

ただ、実際に仕事をしてみると、とにかく周りへの気遣いが素晴らしく、行動力も半端ではなかったです。

これから国家総合職を目指す人は、国の省庁にはそういった人が多い、むしろそういったバイタリティーあふれた人でないと入ることができないと認識しておいた方がよさそうです。

 

真面目一辺倒で、堅ぐるしい人には官僚の仕事は向いていないようです。ほかにも、総務省厚生労働省財務省のかたなどいろんな人と仕事をしましたが、みんな同じような人柄でしたので、間違いないです。

 

私は国家一般職で某省庁の出先機関に所属していたこともあるので、一般職の方も良く知っていますが、こちらも、総合職の人には負けないくらいビジョンを持って、熱意を持って働いてた印象があります。

 

職員は、お酒好きで、毎週のように近くの居酒屋へ課長と飲みに行っていた日々を思い出します。飲み二ケーションの場で人事などの話も決まっていっていたような、意外と前近代的な、一昔前の風潮も結構残っているなーという印象でした。

 

野球大会、サッカー大会、その他レクリエーションにも半強制的に参加していたように思います。

私は、そういった感じは好きなので、良いのですが、いやな方は多少苦痛かもしれません。

 

総じていえることは、国の組織で働く国家公務員は、かなり民間に近い、バイタリティーあふれた方々と、働くことになると想像しておいたほうがいいみたいですね。

次は地方公務員のお話をしたいと思います。

 

それでは、また次回!!